News Ticker

アトミウム

Read in English

アトミウムは1958年にブリュッセルで行われた万博(Expo58)のシンボルで単なるモニュメントでもなくタワーでもない。9個の球体から成り全部で8階。その9個の球体のうちの5個の中に入ることが可能で、ブリュッセルの街を見渡すことができる。アトミウムが作られた背景にはスローガンがあり、”a world for a better life for mankind”、つまり「人類のより良い未来を願って」ということ。

IMGP3617

IMGP3548

IMGP3554

IMGP3556

この近未来的な彫刻と建築の中間とも言えるアトミウムはHOUBA-BRUGMANNというメトロライン6の近くにある。近くにあるのだが、実はなかなか着かない。2つの豊かな自然の公園 (Parc d’OsseghemとParc de Laeken)に囲まれている為、歩いていると現れては消え、の繰り返し。ブリュッセルの中心地こそ都会的な雰囲気があるものの、全体的にベルギーは自然に囲まれている。恐らく一番最適なのは車で来ること。この日も車でやってくる観光客が多く見られた。

IMGP3614

アトミウムの中は外観と同様に近未来的。パノラマヴューと同時にこの興味深い構造もじっくり見ることができる。

IMGP3568

IMGP3589

この雰囲気は個人的にはすごく好みで、エスカレーターは特にツボ!

IMGP3597

IMGP3595

IMGP3594

最上階にはレストランがあり、ベルギービールVEDETTで一服。

IMGP3565

価格の点では非常にお財布に嬉しくないレストランだが、近未来雰囲気と景色を楽しむという点ではまあいいかなという感じだ。

IMGP3560

IMGP3563

IMGP3561

でも、ただ一休み、というだけならテラスで充分かもしれない。

IMGP3610

ブリュッセルのアウトドアな感じに少し飽き飽きしていたので、このアトミウムは刺激的で良かった!車がなかったとしても、駅から片道15分ほどあくせく歩いてきっと後悔しない場所だと自信を持って言える。

Leave a comment

Your email address will not be published.

*