News Ticker

FRIETWINKEL

Read in English

柔らかめかパリパリか。極細か太めか。

これはフレンチフライ(フライドポテト)好きさんにとってはかなり重要ポイントなはず。

しかし、その前にフレンチフライではなく「フリット」と言うことを覚えなくてはいけない。本来はベルギーが発祥と言われるのだが、なぜ英語でフレンチフライと言う名前になってしまったのか。

言い伝えでは、フリットの始まりは1600年にさかのぼる。ベルギーのMeuse Valleyという場所に住んでいた人々が魚をフライする習慣があったのだが、冬の間は寒くてなかなか漁が大変なため、ポテトを小さい魚にしてフライするようになったそう。

このフレンチフライという名前は、アイルランド語の「切る」を意味する”french”から来ている、またはアメリカの駐屯兵が、この地で話されている言葉がフランス語でポテトを独自の方法でフライしていたから、そう呼ぶようになったなど諸説あるようだ。

そんなわけで、フランスではフリットスタンドやお店などほとんど見かけないが、ベルギーやオランダでは至るところにある。これからは、「フリット」と呼ぼう!

ベルギーでおしゃれフリットスタンドを見つけたかったのだがなかなか見つからなかった。ただ、ベルギーで食べたフリットはどこのレストランのサイドメニューでも本当においしかった。ところが、オランダには…

あった!

FRIETWINKELはユトレヒトにあるVinkenburgstraatという通りにあるフリット専門店。真っ昼間のランチ後にフリットを食べたい気はしなかったのだが、こんなに沢山の人が店の前で食べていたら素通りするわけにはいかない。

IMGP4417

ソースはマスタード、カレー、ケチャップ、マヨネーズから選べる。

IMGP4432

このフリットはカリカリで太すぎず細すぎず。もしカリカリ派ならベルギーではなくオランダのFRIETWINKELで食べるのが正解。ちなみにベルギーのフリットは柔らかめで太いのが多いと思う。

IMGP4440 IMGP4451

 

Leave a comment

Your email address will not be published.

*