News Ticker

FUGLEN

Read in English

ヨーロッパに居れば居るほど、行ったことのないヨーロッパの国々に行きたいという気持ちになり、実際本当にいろいろな場所に行ったのだが、行きたいところがありすぎた。そして最高に素晴らしい旅は終了。

最近では、IKEAや、Flying Tigerといった北欧スタイルのお店が日本では人気になってきている。でも、北欧のコーヒーというのはなかなか聞かない。とにかく、東京で北欧を体験できると知った時は嬉しかった。

帰国後はヨーロッパの雰囲気が恋しくてたまらなかった。FUGLENでコーヒーを飲んだ後は、ノルウェーの首都であるオスロに行かなかったことを少し後悔したほど。そして、ここまでノルウェーデザインに浸ることもきっと少ない。このカフェは100%ノルウェーなのだ。

IMGP4602

行く前は、きっとこのカフェは小さくて居心地のいい感じで、原宿と渋谷の間にあるくらいだからきっと空いているに違いないと思っていた。実際、本当に居心地の良い素敵な場所で、コーヒーが美味しかったことは言うまでもないのだが、やっぱり近くに住んでいない限りはわざわざ行くにはちょっと不便。ところが、この小さなカフェには入れ替わり立ち替わり客が来る。

「鳥」という意味のこのカフェは、1963年にオスロに誕生。昼間はカフェで夜はバー。そしてノルウェーのデザインが共存する場所だ。東京のFUGLENは日本の古民家の中に作られているが、中を見ると古民家だったとは分からないくらいノルウェーデザインで埋め尽くされていた。コーヒーを飲む場所というよりもむしろインテリアショップかと思うほどだ。ちなみに、食器類は購入することもできる。

IMGP4600

バリスタから一番人気だと言われたCOLD BREW KAMWANGIというアイスコーヒーを試してみる。アイスコーヒーなのに凄く香り高い。しかもコーヒーは小さな茶色のビンに入っていて、白の小さなボウルの形をしたカップで飲む。全てが粋でシビレル。コーヒーはちょっと甘めで程よく苦い。もし「コーヒーは苦いだけの飲み物だ」と言う人がいたらFUGLENのコーヒーを飲んでもらいたい。きっとコーヒーの対する考え方が変わるような気がするから。

IMGP4596

IMGP4597

決して便利な場所ではないけれど、行く価値はあり。

東京でノルウェーを!

Leave a comment

Your email address will not be published.

*